早漏体験談

Posted on 2 of 7月, 2015 by

今回は、男性の性的悩みについて体験談と合わせて紹介していきたいと思う。
EDなどと一緒で、早漏は男性の性的悩みの1つである。
性行為の際に女性が満足する前に、男性が射精してしまうことである。
心身的な問題はないが、女性関係に亀裂が生じることがあるかもしれないので、大切な人がいる方は改善した方がいいかもしれない。
改善するには、薬の服用が必要となってきますが、2種類の薬があり飲んで服用するタイプと局部に直接塗るタイプがあります。
飲むタイプの薬はダポキセチンといい、服用すると射精感が減退し、脳の興奮状態を鎮めてくれる効果があります。
もともとは抗うつ剤として使用されたいましたが、その効果から現在では早漏治療薬として使われている。
服用は男性に限られており、性行為の1~3時間前に1錠服用するだけとなっているが、心不全などの持病があったりする場合は使用することができない。
併用禁止薬などもあるので、服用の際には医師に確認をとることをおススメします。
もう1つは、塗るタイプのリドカイン。
世界で最も広く使用される局部麻酔薬であり、抗不整脈薬としても使用されるものです。
使用方法は、性行為を行う前にリドカイン軟膏を局部に塗ることで、ペニスの感覚を鈍くし挿入後も今まで通りの感度で射精までの時間を普段より長く持たせることが可能となっています。
私も早漏の悩みを抱えていた1人でしたが、性的な悩みを人に相談するのが正直、恥ずかしかったです。
しかし、いつの日かパートナーとの性行為が自分だけ満足しているんではないかと思いはじめ、このままではまずいと思い、医師に相談し、先ほど書いたリドカインやダポキセチンがあることを知り、服用を始めました。
服用を始めてから副作用などもなく、非常に満足のいく効果が得られました。
塗るタイプはなんだか抵抗があったので、飲むタイプを服用しています。
それからというもの、パートナーにも満足してもらえるようになり、お互い満足できる性行為ができるようになりました。
今まで自分だけの満足でしたが、初めて自分でパートナーをオーガズムに達せさせることができたときは、少し感動しました。
本当に克服・改善できてよかったと思った瞬間でもありました。
悩んでいる方は、まず医師に相談して正しい用法用量を守って使ってみてください。
満足のいく結果と効果が得られると思います。
是非、一度試して欲しいと思います。
きっと試して後悔はせんよ。