リドカインで改善|男の悩み「早漏」

早漏改善の薬

男性のみなさん早漏が治るって知っていましたか?
今までは早漏改善できる薬はありませんでしたが、最近では様々な早漏治療薬が誕生しています。
早漏に悩んでいた方には朗報です。
今回は、2つの早漏改善の薬をご紹介をしていきます。
まず始めに、飲む早漏治療薬です。
ダポキセチン(Dapoxetine)というお薬です。
この薬は鎮静剤の作用があって、今まで我慢できなかった射精をコントロールすることができます。
早漏は心理的な面の影響が多く、脳の興奮もその1つです。
ダポキセチンを服用してセックスをすると、脳の興奮状態をしっかり抑えてくれて、リラックスさせることで射精までの持続時間を延ばしてくれます。
元々は抗うつ剤としてしようされていて、うつ病患者達から射精までの時間が遅くなったという声が多くあがり、調べてみると早漏にも効果がある事がわかり、転用され早漏改善のお薬として使用されるようになりました。
セックスの1~3時間前から服用してもらい、1錠30ミリグラムを服用すれば効果が発揮されます。
また食事の影響も受けづらいので食後でも、空腹時でも同じように効果を発揮してくれます。
もちろん内服のお薬ですから副作用などもありますが、重い症状がでるものではなく発症する可能性も極めて低いので安全性は高く定評があります。
併用を禁止されている薬がありますので、日常で服用している薬がある方は医師等の専門家に一度ご相談ください。
次に、軟膏薬のリドカインというお薬です。
こちらは服用するものではなく直接ペニスに塗り込んで使用するので副作用もほとんどなく安心して使う事ができますし、キシロカインという軟膏薬のジェネリック医薬品なので簡単に購入もでき、お値段もお安くなっていて非常に経済的です。
使用方法と効果は、リドカインを直接ペニスに塗ると感覚が鈍くなるので射精までの時間を延ばしてくれます。
挿入後に感度が変わる事はないので、その点はメリットですね。
しかしこの薬は塗った後は必ずコンドームと着用しなければなりません。
コンドームを付けずにセックスする方にとっては使いにくいかもしれません。
着用しなくてはいけない理由として、塗り薬のため女性にも影響がでてしまい、女性が一時的に不感症になってしまいます。
また男性も塗り過ぎは感度が悪くなりすぎて遅漏の原因にもなるのでご注意ください。
使い分けることできるので、あなたに合ったものをお使いください。

▲ page top